気をつけること

トナーリサイクルトナーの価格は安くて環境にもよいのですが、注意しなければならないことがいくつかあります。まず、正規品でない汎用品を使用するとエラーの出る割合が高くなります。また、汎用品の場合はプリンタのメーカーの保証がありません。リサイクルトナーを使用して万が一プリンタが故障した場合のことは想定しておいたほうがいいでしょう。

ただ、最近はメーカー自身がリサイクルトナーを取り扱っていたり、リサイクルトナーも品質が向上しているので、一昔前のようなエラーは出にくくなっています。リサイクルトナーを専門に扱う業者では業者独自の保証サービスをつけているところもありますので、リサイクルトナーを購入するときはそういった点に気をつけて選んでみてください。

ともあれ、現代社会においてはオフィスでも家庭でもOA機器は欠かせないものとなりました。だからこそ少しでも経費は抑えたいものです。リサイクルトナーを上手に使えばかなりの経費節減が見込めます。その上地球の環境にも寄与できるのですからまさに一石二鳥の効果があります。数年前と比べてリサイクルトナーの使用率は上がってきていますので、もし貴方の職場で導入していなければぜひご一考されてみてください。もろちん使用されているところは継続してご利用されることをお勧めします。

リサイクルトナーの利点

リサイクルトナーは安価なこともあり、徐々に普及していますが、単に安価なところだけがよいのではありません。リサイクルトナーは環境にもやさしいのです。仮にリサイクルトナーを使用せず、新たに正規品を購入するとしましょう。

環境当然、使用済みのトナーカートリッジは廃棄することになります。カートリッジはほとんどがプラスチックでできていますから廃棄しても自然に還らないので、産業廃棄物として処理されます。近年、産業廃棄物が過剰に排出され、環境に影響を及ぼしているのは周知の事実です。したがって、新品のトナーを購入することは極端に言えば環境破壊の一因となっていると言えるでしょう

リサイクルトナーは、使用済みのトナーカートリッジを再利用するわけですから、カートリッジを廃棄しません。ですから、リサイクルトナーを使用することは環境にもやさしいということになります。実際、リサイクルトナーにはエコマークがついているものも多いです。たとえ今はついていないものでも徐々にエコマークのついているリサイクルトナーは増えてくると思われます。つまり、リサイクルトナーを使用するということは、経費節減はもちろんのこと、環境に対する意識も高いと周囲が認めることになります。

リサイクルトナーとは

オフィスオフィスで、家庭で、コピー機やレーザープリンタを使用しているところは多いでしょう。コピー機やレーザープリンタはインクドットプリンタとは違い、印刷にはトナーを使用しています。トナーは液体ではなく、粉末のインクです。インクジェットは直接インクを紙に吹き付けていますが、トナーはまずレーザーで印刷の像を照射してそこに帯電したトナーを転写させるという仕組みです。

レーザープリンタのほうが細部まで精密に印字できるので、印刷所によってはレーザープリンタで印字した文書はそのまま印刷用版下として使用できるところもあります(インクジェットプリンタでの印字はレーザーより粗いのでそのまま使えず、データから版下を起こします)。実は、トナーはインクジェット用インクよりも値段が高いのです。町のコンビニやオフィスのコピー機ならともかく、家庭用でレーザープリンタが普及しないのはトナー交換のコストが割高なのも原因の1つなのです。

そのトナーですが、リサイクル製品があることをご存じですか?リサイクルトナーとはメーカーの正規品ではありませんが、使用済みのトナーカートリッジを回収し、その空になったカートリッジに汎用性のあるトナー粉を入れて新品として販売するものです。メーカーがリサイクルトナーを取り扱うところもありますが、専門の業者が汎用品として製造販売しているものも多いです。どちらも場合もメーカーの正規品より6割~5割くらいの価格で購入できるので、大量の印字・コピーをするオフィスでは重宝しています。